【過去問解説(企業経営理論)】R3 第4問 コア製品

今日は企業経営理論のR3第4問について解説します。

R3 企業経営理論 第4

G.ハメル(G.Hamel)とC.K.プラハード(C.K.Prahalad)によると、コア製品とは、コア・コンピタンスによって生み出された製品であり、最終製品の一部を形成するものである。

このコア製品に関する記述として、最も適切なものはどれか。

 

ア コア製品で獲得したマーケットシェアが最終製品で獲得したマーケットシェアを上回ることはない。

イ コア製品のマーケットシェアを拡大することは、コア製品への投資機会の増加につながり、コア・コンピタンスを強化する機会になる。

ウ コア製品は特定の製品や業界につながるものであり、複数の製品や業界に展開することはない。

エ コア製品を同業他社に販売すると、小阿瀬品んを販売した企業の最終製品の競争力は低下する。

解説

コア製品、コアコンピタンスについての問題です。

それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

選択肢アについては、コア製品を複数製品に展開してすることもあるため、必ずしも最終製品の市場シェアを上回らないとは限りません。
よって、この選択肢は×です。

選択肢イについては、コア製品のマーケットシェアのためには投資が必要であり、投資はコアコンピタンスの強化の機会につながります。
よって、この選択肢は〇です。

選択肢ウについては、コア製品を複数の製品や業界に展開することもあります。
よって、この選択肢は×です。

選択肢エについては、コア製品は最終製品の一部を形成しているため、それを同業他社に販売すると、コア製品に由来する最終製品の競争優位性は低下します。
よって、この選択肢は×です。

以上から正解は選択肢イとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2次試験もまとめシートで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ