【過去問解説(経済学)】H25 第20問 パレート効率

今日は経済学のH25第20問について解説します。

H25 経済学 第20問

下図は、2人(AとB)、2財(XとY)の設定で描かれたエッジワースのボックスダイアグラムである。OAが個人Aの原点、OBが個人Bの原点であり、人が保有する財の量を識別するため、XとYの右下にはAとBというインデックスが付されている。
いま、下図では、XとYにまつわる人の初期の資源配分が線分DF上のパレート最適な点Kとして与えられている。点Kでは、線分DFと無差別曲線UAとが接している。なお、無差別曲線UA上には点Mもある。点線で描かれている線分CEは線分DFと同じ傾きを有し、点Nを通過する。線分CE上にはパレート最適な点Lも与えられている。このとき、下図に関する説明として最も適切なものを下記の解答群から選べ。

〔解答群〕
ア 所得再分配によって、点Kから点Lへ財の保有量を変化させることは、パレート効率的である。
イ 線分DFの傾きは、財の価格の比率と見なすこともできる。
ウ 点Kから点Mへ財の保有量を変化させても市場の効率性は失われない。
エ 点Nから点Lへ財の保有量を変化させることは、個人Aと個人Bが保有するXとYの合計量をそれぞれ増加させる。

解説

今回はエッジワースのボックスダイヤグラムからパレート効率の問題です。
まず、図の意味を解説します。

・人Aの財XとYの保有割合を示したUA曲線は無数にあり、原点OAから遠ざかるほど効用が高くなる。
・人Bの財XとYの保有割合を示したUB曲線は無数にあり、原点OBから遠ざかるほど効用が高くなる。(図中UBの注釈は省略されている)

これを上下に合体させたグラフにより、2人・2財における交換経済の効用水準とパレート効率性を確認していきます。

では、選択肢を検討しましょう。

選択肢アは、指示通り点Kから点Lへ財の保有量の変化をみるとAは原点OAから遠くなり、Bは原点OBから近くなります。つまり、Aの効用が高くなってもBの効用が下がって、パレート効率的ではありません。
よって×と判断できます。

選択肢イは、線分DF上のUAとUBの接点はパレート効率が成立するのでDFの傾きはAとBの財の交換比率を示す、つまり線分DFの傾きは2財の価格比とも言えます。
よって○と判断できます。

選択肢ウは、指示通り点Kから点Mに財の保有量の変化をみると、UAは原点A0距離は変わらず、UBは原点B0に接近し効用が低下します。つまりパレート最適ではありません。
よって×と判断できます。

選択肢エは、指示通り点Nから点Lへの変化を見ると、AにはX財の減少とY財の増加、BにはX財は増加とY財は減少となり合計量は不変です。
よって×と判断できます。

以上から、正解は選択肢イとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ