【過去問解説(経済学)】H25 第4問 45度線分析

今日は経済学のH25第4問について解説します。

H25 経済学 第4問

いま、GDP を Y = C+I+ G、消費関数を C= C0+ c(Y – T) で表すものとする。ただし、各記号の定義は以下のとおりである。

Y :GDP である。
C :消費である。
I :投資であり10とする。
G :政府支出であり2とする。
C0:基礎的消費であり2とする。
c :限界消費性向であり0.8とする。
T :租税であり2とする。

政府が均衡予算を採用しているとき、上記の状況から政府が租税を増加させたときのGDPの説明として最も適切なものはどれか。

ア GDPは0.8低下する。
イ GDPは増加する。
ウ GDPは低下する。
エ GDPは変わらない。

解説

今回は、45度線分析です。
それでは早速検討していきましょう。

設問に数式が2つと各定数が与えられていますが、この設問ではGDP Yに対する政府支出 Gと租税 Tの影響を問われていますので、GとTには定数を代入しないで等式化することがポイントです。

Y=C+I+G ・・・①
C=C0+c(Y-T)・・・②
①のCに②式を代入して、Y,T,G以外の定数を代入します。

Y=2+0.8Y- 0.8 T+10 +G
0.2 Y=-0.8 T+G+12
Y=-4T+5G+60・・・③

③式より、Tが1増加するとYは△4となり、Gが1増加するとYは+5となります。

設問中の「政府が均衡予算を採用している時」つまり、 均衡予算政府の税収Tと支出Gが均衡(同じ)1であるとき、GDP Yは+1となり、GDPは増加します。

以上から、正解は選択肢イとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ