【過去問解説(経済学)】H28 第16問 スルツキー分解

今日は経済学のH28第16問について解説します。

H28 経済学 第16問

いま、ある合理的個人が、限られた所得の下で2つの財(X,Y)を需要する状況を考える。2つの財の需要量は、それぞれDX およびDYと表記し、財Xの価格をPXと表記する。下図は、予算制約線 と無差別曲線 が点Aで接する状況から、他の条件を一定としてPXのみが下落し、予算制約線と無差別曲線が点Bで接する状況へと変化した様子を描いたものである。この図に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 財Yの価格を一定としてPXが下落したとき、代替効果でDXが増加した。同時に、PXの下落は、所得効果によってDXを減少させた。上図では、代替効果よりも所得効果が大きいため、財Xはギッフェン財の性質を示している。
b 財Yの価格を一定としてPXが下落したとき、代替効果でDXが増加した。同時に、PXの下落は、所得効果によってもDXを増加させた。上図では、代替効果と所得効果がともに DX を増加させていることから、財Xはギッフェン財の性質を示している。
c 財Yの価格を一定としてPXが下落したとき、DYが増加した。これは、財Yが財Xの粗代替財であることを示している。
d 財Yの価格を一定としてPXが下落したとき、DYが増加した。これは、財Yが財Xの粗補完財であることを示している。

〔解答群〕
ア aとc
イ aとd
ウ bとc
エ bとd

 

解説

スルツキー分解に関する問題はミクロ経済の定番問題です。
まとめシートに詳しく解法を説明していますのでご確認ください。

・予算制約線2と平行で無差別曲線1と接する点をCとします。
・点ABCのX軸に対する位置関係において、
A→B 価格効果 (-)
A→C 代替効果 (+)
C→B  所得効果    (ーー)になります。

それではabcdを見ていきましょう。

について、A→Bの価格効果マイナス,代替効果はプラスになりますが、所得効果はマイナス、その大きさは所得効果の方が大きいので、代替効果と所得効果を合わせても、X財の消費量は減少しています。よって、財Xはギッフェン財です。よって、「財Yの価格を一定としてPXが下落したとき、代替効果でDXが増加した。同時に、PXの下落は、所得効果によってDXを減少させた。代替効果よりも所得効果が大きいため、財Xはギッフェン財の性質を示している。」との記述の通り、
○と判断できます。

についてはaの通り×です。

cとdについて、Xの価格下落によりY需要が増えるという動きは、粗代替財ではなく粗補完財となります。

よって、dが○です。

以上から、正解は選択肢イとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ