【過去問解説(財務・会計)】H24 第7問 個別原価計算

今日は財務・会計のH24第7問について解説します。

H24 財務・会計 第7問

当社は個別原価計算制度を採用している。当月における製造指図書別の製造・販売および製造原価に関する資料は次のとおりである。当月の売上原価として最も適切なものを下記の解答群から選べ。

〔解答群〕
ア   7,600千円
イ 13,200千円
ウ 15,320千円
エ 18,860千円

解説

個別原価計算に関する問題です。
早速検討していきましょう。

この設問のポイントは2点あります。

(1)製造間接費の配賦方法は、機械運転時間に基づいて予定配賦している。
本年度の製造予算額は48,000千円(予定機械運転時間24,000時間)
→よって、機械運転時あたり単価は2千円/h(48,000千円÷24,000時間)となり、製造指図書毎の機械運転時間に対して配賦していきます。

(2)解答を求められているのは、「当月の売上原価」。
→よって、当月に販売(引渡)されたものだけを集計するれば良い、ということです。
つまり、#121と#122のみが対象です。

よって
#121の売上原価=5,600+300+(2×100)=6,100・・・①
#122の売上原価=3,200+2100+(2×900)=7,100・・・②

①+②=13,200千円

以上から、正解は選択肢イとなります。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ