【過去問解説(財務・会計)】R2 第6問 企業合併

今日は財務・会計のR2第6問について解説します。

R2 財務・会計 第6問

解説

企業合併の会計処理に関する問題です。
日商簿記2級レベルのパーチェス法による支配獲得時の仕訳を問われています。

手順1:D社の資産・負債を時価評価して、資産と負債の差額を計算します。
現預金10,000+売掛金35,000+商品24,000+建物40,000=資産の部合計109,000 ①
買掛金35,000=負債の部合計35,000 ②
資産と負債の差額①ー②=74,000 ③

手順2:C社の新規株式交付による価額④と③を比較して「のれん」を計算する。
C社の新規交付株数200×株価400円=80,000 ④
価額を比較すると③<④なので、買収した企業価値③を上回る価額を交付④をしたので「のれん」と判定します。
のれん:④ー③=6,000 (答え)

手順3:増加後の資産と負債の差引により、増加する資本金と資本準備金を計算します。
増加後の資産:①+のれん6,000=115,000 ⑤
負債    :②=35,000 ②
D社の合併により増加した株主資本:⑤ー②=80,000 ⑥
設問文の指示により、⑥の1/2を資本金とする:⑥÷2=40,000(答え)

以上から、正解は選択肢イです。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ