【過去問解説(企業経営理論)】R2 第8問 研究開発のマネジメント

今日は企業経営理論R2第8問について解説します。

R2 企業経営理論 第8問

以下のA欄の①~④に示す新製品開発やイノベーションを推進するための取り組みと、B欄のa~dに示すこれらの取り組みに当てはまる名称の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
【A 取り組みの内容】
① 新興国で開発された製品や技術を先進国に導入すること
② 新製品に関わる各部門が、外部環境における関連する領域と卓越した連携を持つこと
③ 製品の構造を分析し、動作原理、製造方法、設計図の仕様、ソースコードを調査し、学習すること
④ 職務よりもプロセスを重視した、事業プロセスの大きな設計変更を伴う職務横断的な取り組み
【B 取り組みの名称】
a リバース・エンジニアリング
b リエンジニアリング
c バウンダリー・スパンニング
d リバース・イノベーション
〔解答群〕
ア ①-a  ②-b  ③-c  ④-d
イ ①-a  ②-d  ③-c  ④-b
ウ ①-b  ②-d  ③-a  ④-c
エ ①-d  ②-c  ③-a  ④-b
オ ①-d  ②-c  ③-b  ④-a

解説

研究開発関連の用語に関する問題です。意味を知っているかどうかで解答できるかが左右されます。

それぞれ、

①はリバースイノベーションでd

②はバウンダリー・スパンニングでc

③はリバース・エンジニアリングでa

④はリエンジニアリングでb

です。

以上から、正解は選択肢エとなります。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2次試験もまとめシートで
Kindle版/PDF版 好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ