【過去問解説(情報)】H28第12問 インターネット

今回は経営情報システムのH28年第12問のインターネットに関する問題について解説します。

 

H28 情報 第12問

インターネットを利用した電子メールが普及し、PCのみならず、スマートフォンやタブレット端末などの様々な機器で電子メールの送受信が行われている。各種の機器で電子メールの送受信を行う場合、Web ブラウザ上の Web メール機能の利用や、それぞれの機器に対応したメーラーと呼ばれる電子メールクライアントソフトを利用する。その利用のためにいくつかの項目を設定することが必要な場合もあるので、電子メールの設定の仕組みを理解することが望ましい。
電子メールの利用に関する以下の文章の空欄A〜Dに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

自社が管理する電子メールアドレスの送受信を Web ブラウザで行う場合は、[ A ]サーバに Web メール対応の仕組みを稼働させる Web メールインタフェースを追加する必要がある。
一方、PC、スマートフォンやタブレット端末などでメーラーを使用する場合は、各々の機種に対応したソフトウェアを入手し、メールを受け取る POP3 やIMAPサーバおよびメールを送信する[ B ]サーバのアドレスと[ C ]を初めに設定する必要がある。またメールを暗号化して送受信したい場合は[ D ]に対応したメーラーを使用する必要がある。

[解答群]
ア A:DNS B:Samba C:認証 ID D:https
イ A:Web B:Samba C:パスワード D:DES
ウ A:メール B:SMTP C:ポート番号 D:S/MIME
エ A:メール B:SNMP C:認証 ID D:DES

 

それでは早速、それぞれの空欄について考えてみましょう。

 

空欄Aは、メールを送受信するための[A]サーバなので、選択肢にあるDNS、Web、メールの3つのうちのどれかが入るとしたら、「メール」サーバが入るとわかります。

これによって、選択肢アとイが消えました。

 

次に空欄Bを見てみると、メールを送信する[B]サーバとあり、残った選択肢ウ、エの候補を見るとSMTP、SNMPとあります。

この2つのうちメールの送信に使われるのはSMTPなので、ここで正解を選択肢ウの1つに絞ることができます。

 

念のため空欄C、Dを見てみると、Cはポート番号、DはS/MIMEで問題なさそうなので、正解は選択肢ウとなります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ