【過去問解説(情報)】H24 第9問 データベース制御

今日は情報システムのH24第9問について解説します。

H24 情報システム 第9問

業務におけるデータベースの処理ではネットワークにつながる複数の端末から、あるデータに対して同時に複数の処理要求が発生し、本来の処理が正しく行われない場合がある。これを防ぐために排他制御あるいは同時実行制御と呼ばれる方法が利用される。これに関する以下の文中の空欄 A 〜 D に入る語句の組み合わせとして最も適切なものを下記の解答群から選べ。

① データファイル内の処理対象とするデータに [A] をかけ、それが解除されるまで他の処理が行われないようにする方法がある。この方法では、[B] が発生する可能性があり、これを低減させる対応が必要である。
② データファイル内のデータを読み書きする [C] を記録し、別の処理でデータを読み書きする際、 [C] を随時監視しあいながら処理を行う方法がある。この方法では、処理の競合が多い場合、処理の取り消しが多くなり実用性が低下する。
③ データファイルから処理したいデータを[D] に読み込み、そこで処理を実行する方法がある。この方法では、処理した結果を書き戻す際に、当該データが他の処理で書き換えられていないかを時刻でチェックする。

[解答群]
ア A:デッドロック B:セマフォ C:順番 D:テーブル
イ A:ロック B:セマフォ C:時刻 D:テーブル
ウ A:ロック B:セマフォ C:順番 D:キャッシュ領域
エ A:ロック B:デッドロック C:時刻 D:キャッシュ領域

解説

DBMS(データベースマネジメントシステム)に関する問題です。
A~Cはデータベース制御について、Dはそのトランザクションについて知識が問われています。

データベース制御についてはまとめシートでは以下のように解説しています。

Aは「解除されるまで他の処理が行われないようにする」とありますのでロック方式について、
Bはロック方式の中で発生するリスクについて問われているので、デッドロックについて、
Cは「随時監視しあいながら処理を行う」とあり、上の図より、時刻印アルゴリズムについての記述と分かります。

ここまでくると選択肢はエに絞られますが、念のためDについて確認すると、トランザクションによるデータ更新処理は一時的にキャッシュ領域に保存しますので、選択肢エのD「キャッシュ領域」で問題なさそうです。

以上から、正解は選択肢エとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2022年度版まとめシート(前編)
好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ