【過去問解説(運営管理)】H30第24問 照明

今回の過去問解説は第24問の照明についてです。

 

H30 運営管理 第24問
次の文章は、照明の基礎知識に関する解説である。空欄A〜Cに入る語句または数値として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
照度とは自然光や人工照明で照らされた場所の明るさを意味する用語であり、一般的に [ A ]の単位で表される。JIS では維持照度の推奨値が示されている。
例えば、商店(一般共通事項)の重要陳列部は 750[ A ]であり、大型店(デパートや量販店など)の重要陳列部は[ B ] [ A ]である。
照明された物の色の見え方を表す光源の性質を客観的に示すために、JIS では[ C ]が用いられている。例えば、商店(一般共通事項)および大型店(デパートや量販店など)の重要陳列部の推奨最小値は 80 である。
〔解答群〕
ア A:ルクス  B: 500  C:平均光色評価数
イ A:ルクス  B:2,000  C:平均演色評価数
ウ A:ルクス  B:2,000  C:平均光色評価数
エ A:ワット  B: 500  C:平均演色評価数
オ A:ワット  B:2,000  C:平均演色評価数

 

今回は照明の単位などについての知識が問われています。

空欄Aの照度の単位はルクスなので、選択肢はア~ウに絞られます。

照度は値が大きいほど明るいので空欄Bには750より大きい値が入ると考えられ、選択肢を見ると500か2,000のどちらかですので、2,000が入るだろうと考えられます。よって、選択肢アは削られます。

さらに、照明されたものの見え方を表すのは演色でしたので、空欄Cには平均演色評価数が入ります。これで、選択肢はイに絞られました。

以上から正解は選択肢イとなります。

 

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ