【過去問解説(財務・会計)】H27 第15問 現在価値(1)

今日は、財務・会計のH27 第15問 設問1について解説します。

財務・会計 H27 第15問 設問1

C 社は、取引先に対して貸付けを行っている。当該貸付金は、以下のようなキャッシュフローをもたらす予定である。現在価値の計算について、下記の設問に答えよ。なお、現行の会計基準との整合性を考慮する必要はない。
① 元本は100万円、貸付日は20X1年4月1日、貸付期間は4年である。
② 利息として、20X2年から20X5年までの毎年3月 31 日に6万円が支払われる。
③ 満期日の20X5年3月31日には元本の100万円が返済される。

設問1
この貸付金の、貸付日時点の現在価値として最も適切なものはどれか。なお、割引率は6%とする。
ア  792,000 円
イ  982,200 円
ウ  1,000,000 円
エ  1,240,000 円

解説

現在価値に関する問題です。
貨幣の時間価値について、まとめシートでは以下の通りまとめています。

貨幣の時間価値は、やや難しい論点ではありますが二次でも考え方が問われる論点ですので、まずは一次試験レベルの問題を繰り返し解いてしっかりと答えられるようにしておくと良いでしょう。

それでは解説にうつります。

問題文の条件②より、 利息は6%と分かります。
また、与えられた条件より割引率は6%です。

4年間、利息として6%がつくものの、割引率6%により4年後の価値が100万円ということは、つまり利息と割引率で相殺されるので、貸付日時点の現在価値は100万円ということになります。

以上から、正解は選択肢ウとなります。

設問2の解説はこちら

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2022年度版まとめシート
好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ