【過去問解説(経営法務)】R3 第6問 取締役会・監査役会

今日は経営法務のR3第6問について解説します。 R3 経営法務 第6問 会社法が定める取締役会と監査役会の比較に関する記述として、最も適切なものはどれか。なお、本問における会社は、監査役会設置会社であって、公開会社ではな

【過去問解説(経営法務)】R3 第1問 社債

今日は経営法務のR3第1問について解説します。 R3 経営法務 第1問 会社法が定める株式会社の社債に関する記述として、最も適切なものはどれか。 なお、本問における会社は取締役会設置会社である。 ア 公開会社ではない会社

【過去問解説(経営法務)】R2 第22問 請負又は委任

今日は経営法務のR2第22問について解説します。 R2 経営法務 第22問   請負又は委任に関する記述として、最も適切なものはどれか。 なお、「民法の一部を改正する法律」(平成 29 年法律第 44 号)により改正され

【過去問解説(経営法務)】R2 第19問 詐害行為取消権

今日は経営法務のR2第19問について解説します。 R2 経営法務 第19問   詐害行為取消権に関する記述として、最も適切なものはどれか。なお、「民法の一部を改正する法律」(平成 29 年法律第 44 号)により改正され

【過去問解説(経営法務)】H28 第13問 契約の成立

今日は経営法務のH28第13問について解説します。 H28 経営法務 第13問 契約の成立に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ア A市内の会社からB市内の会社に対して有効期間を明記した注文書を郵送で発送した場合

【過去問解説(経営法務)】H28 第5問 倒産法制

今日は経営法務のH28第5問について解説します。 H28 経営法務 第5問  下表は、各法的倒産手続についてまとめたものである。空欄A〜Dに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。  

【過去問解説(経営法務)】H28 第14問 債務不履行

今日は経営法務のH28第14問について解説します。 H28 経営法務 第14問 債務者による詐害的な行為に対する債権者からの権利行使に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ア 債務者が債権者を害することを知ってした

プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ