【過去問解説(経済学)】H30 第3問 景気動向指数

今日は経済学H30第3問の景気動向指数に関する問題について解説します。 経済学H30第3問 景気動向指数には、コンポジット・インデックス(CI)とディフュージョン・インデックス(DI)がある。CI と DI による景気判

【過去問解説(経済学)】H25 第20問 パレート効率

今日は経済学のH25第20問について解説します。 H25 経済学 第20問 下図は、2人(AとB)、2財(XとY)の設定で描かれたエッジワースのボックスダイアグラムである。OAが個人Aの原点、OBが個人Bの原点であり、人

【過去問解説(経済学)】H25 第6問 貨幣市場と債権市場

今日は経済学のH25第6問について解説します。 H25 経済学 第6問 資産は貨幣と債券の2つから構成されており、貨幣に利子は付かないと想定する。貨幣供給量を増加させた場合、これが企業の設備投資や家計の住宅投資に与える影

【過去問解説(経済学)】H25 第9問 物価

今日は経済学のH25第9問について解説します。 H25 経済学 第9問 インフレーション(インフレ)について、下記の設問に答えよ。 (設問1) インフレに関する記述として最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

【過去問解説(経済学)】H30 第21問 ゲーム理論

今日は経済学のH30第21問について解説します。 H30 経済学 第21問 寡占市場においては、ライバル店の動きを見ながら、価格を設定することが重要である。下表では寡占市場における価格競争のゲームについて考える。A店とB

【過去問解説(経済学)】H24 第10問 雇用・失業

今日は経済学のH24第10問について解説します。 H24 経済学 第10問 効率賃金仮説に関する説明として、最も不適切なものはどれか。 ア 縦軸に労働者の効率を、横軸に賃金をとり、効率曲線を描くと、賃金は、この効率曲線が

【過去問解説(経済学)】R2 第1問 時事系問題

今日は経済学のR2第1問について解説します。 R2 経済学 第1問 下図は、日本、米国、ユーロ圏における政策金利の推移を示している。 図中のa~cに該当する国・地域の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ

【過去問解説(経済学)】R2 第13問 無差別曲線

今日は経済学のR2第13問について解説します。 R2 経済学 第13問 家計においては、効用を最大化するために、予算制約を考えることが重要となる。この家計は、X財とY財の2財を消費しているものとする。 下図に関する記述と

【過去問解説(経済学)】R2 第6問 IS曲線

今日は経済学のR2第6問について解説します。 R2 経済学 第6問 下図は、IS曲線とLM曲線を描いたものである。この図に基づいて、下記の設問に答えよ。 (設問1) IS曲線が垂直になる例として、最も適切なものはどれか。

プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ