【過去問解説(財務会計)】H27 第2問 本支店会計

今日は財務会計のH27 第2問について解説します。 H27 財務会計 第2問 本支店会計において本店集中計算制度を採用している場合、A 支店から B 支店へ現金 200,000 円を送付したときの B 支店の仕訳として、

【過去問解説(財務会計)】R3 第15問 企業価値(WACC)

今日は財務会計のR3第15問について解説します。 R3 財務会計 第15問 以下の資料に基づき計算した加重平均資本コストとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。 なお、負債は社債のみで構成され、その時価は簿価と等し

【過去問解説(財務会計)】R3 第14問 資金調達

今日は財務会計のR3第14問について解説します。 R3 財務会計 第14問 資金調達の形態に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ア 株式分割は直接金融に分類される。 イ 減価償却は内部金融に分類される。 ウ 増資

【過去問解説(財務会計)】R3 第2問 本支店会計

今日は財務会計のR3第2問について解説します。 R3 財務会計 第2問 本支店会計において本店集中計算制度を採用している場合、A支店がB支店の買掛金 200,000 円について小切手を振り出して支払ったときの本店の仕訳と

【過去問解説(財務・会計)】R1 第23問 投資評価基準

今日は財務・会計のR1第23問について解説します。 R1 財務・会計 第23問 投資評価基準に関する記述として、最も適切なものはどれか。 ア 会計的投資利益率法に使われる会計利益には減価償却費を計算に入れない。 イ 回収

【過去問解説(財務・会計)】R2 第20問 債権価格

今日は財務・会計のR2第20問について解説します。 R2 財務・会計 第20問 額面が 121 万円、償還までの期間が 2 年の割引債の市場価格が 100 万円であった。このとき、この割引債の複利最終利回り(年)として、

プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ