【過去問解説(企業経営理論)】H24 第32問 物流戦略

今日は企業経営理論H24第32問の物流戦略の問題について解説します。

 

H24 第32問

需要の不確実性の増大を背景に、多くの製品の流通・マーケティングは投機型から延期型に移行している。延期型のマーケティング・システムの構築の手段として、最も不適切なものはどれか。
ア POS システム
イ SCM
ウ SPA 型ビジネス・モデル
エ 製販連携
オ 大ロット生産

解説

延期型のマーケティング・システムとは、生産や在庫のタイミングをできるだけ消費者に近づけようとするマーケティング・システムのことです。
それを踏まえて各選択肢を見ていきましょう。

全体を見てみると、選択肢ア~エは消費の現場の情報を収集し、それに基づいた生産・流通を行うための仕組みになっているため、〇と考えられます。

それに対し、選択肢オは、延期型の対義語である投機型の代表例であるため選択肢オが×となります。

以上から、正解は選択肢オとなります。

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ