【過去問解説(企業経営理論)】H26 第1問 PLC

今日は企業経営理論H26第1問からPLCに関する問題について解説します。

 

H26 第1問

市場の成熟期を迎えた製造業の企業は、これまでの経営戦略を見直し、成熟段階にふさわしい戦略をとることが重要になる。成熟期の戦略に関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア 買い慣れた顧客が増えて、市場シェアを巡る競争は緩和するので、ブランド戦略を追求する。
イ 市場での競争が緩和するので、市場シェアの拡大のために生産や販売の分野に積極的な追加投資をすることが効果的になる。
ウ 市場や技術はほぼ安定するので、競争の重点をコストとサービスに置くようにする。
エ 通常、成熟期に向かうにつれて流通業者のマージンが減少し、撤退する流通業者が増えるので、製造業企業は強くなった交渉力を活かして流通支配力の強化を図る戦略を狙う。
オ 転用のきかない経営資産は、帳簿価格が清算価値を上回っていれば売却してキャッシュフローの増大を図る。

この問題では、市場の成熟期について問われています。

それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

成熟期は通常、市場の成長が鈍化し、企業間のシェア争いが激しくなります。そのため、選択肢アの「市場シェアを巡る競争は緩和する」や、選択肢イの「市場での競争が緩和するので」という記述は誤りです。

選択肢ウはその通りで、市場が安定し技術では差別化がしにくくなるため、コストやサービスでの競争となります。

選択肢エは、成熟期には製品が広くいきわたるため、製品を作る製造業企業よりも、製品を売る流通業者の方が交渉力が強くなります。そのため「製造業企業は強くなった交渉力を活かして」という記述は×と考えることができます。

選択肢オは、「帳簿価格が清算価値を上回っていれば」とありますが逆で、「清算価値が帳簿価格を上回っていれば」が正しいためこの選択肢は×です。

以上から正解は選択肢ウとなります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ