【過去問解説(企業経営理論)】H27 第25問 労働関連法規

今日は企業経営理論H27第25問について解説します。

H27 企業経営理論 第25問

各社会保険の目的に関する記述として、最も不適切なものはどれか。
ア 健康保険は、労働者の疾病、負傷、死亡に関して保険給付を行い、国民の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とするが、出産は保険給付の対象とならない。
イ 厚生年金保険は、労働者の老齢、障害、死亡について保険給付を行い、労働者及びその遺族の生活の安定と福祉の向上に寄与することを目的とするが、疾病、負傷は保険給付の対象とならない。
ウ 雇用保険は、労働者が失業した場合、労働者について雇用の継続が困難となった場合及び教育訓練を受けた場合に、生活及び雇用の安定と就職の促進のために失業給付等を支給することにより労働者の生活及び雇用の安定を図るとともに、失業の予防・雇用状態の是正・雇用機会の増大、労働者の能力の開発、労働者の福祉の増進を図ることを目的とする。
エ 労働者災害補償保険は、労働者が業務上の災害や通勤による災害を受けた場合に、被災労働者やその遺族を保護するために必要な給付を行う制度であるが、老齢は保険給付の対象とならない。

解説

社会保険の目的に関する問題です。
今回は不適切な選択肢を1つ選ぶ問題です。

それでは早速各設問を見ていきましょう。

選択肢アは、「出産は保険給付の対象とならない」とありますが、健康保険には「出産手当金」や「出産育児一時金」といった制度があり、出産も保険給付の対象となります。よってこの選択肢は×です。

念のため残りの選択肢も見ていきましょう。

選択肢イはその通りで、疾病、負傷は健康保険もしくは労災保険が対象としています。

選択肢ウもその通りです。雇用保険の目的について覚えておきましょう。

選択肢エもその通りで、老齢は厚生年金保険などが対象としています。

以上から、正解は選択肢アです。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート(後編)
おトクな予約キャンペーン開催中!

1月16日発売予定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ