【過去問解説(企業経営理論)】R1 第12問 リーン・スタートアップ

今日は、企業経営理論のR1 第12問について解説します。

企業経営理論 R1 第12問

S.G.ブランクが構築した「顧客開発」モデルは、顧客ニーズの把握が不十分、かつ顧客の特定化が困難な場合に、仮説の検証を素早く繰り返すことによって、学習を通して、新しいビジネスの成功率を高めようとするモデルであり、それを発展させたものが、E.リースによって提唱された「リーン・スタートアップ」モデルである。
「リーン・スタートアップ」に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア リーン・スタートアップでは、戦略を検証する実験によって、その実験段階の製品やサービスが失敗に終わった場合、ビジョンを 実現するためには、それまでの開発コストが無駄になっても、戦略の方向転換(ピボット)が必要であるとしている。
イ リーン・スタートアップでは、不確実な状態で新しい製品やサービスを創り出すスタートアップのプロセスを、戦略を検証する実験の連続と捉えており、その実験回数をあらかじめ制限しておくことが、成功の伴と捉えている。
ウ リーン・スタートアップは、①顧客ニーズにかかる「仮説」を立てること、②顧客ニーズを満たすアイデアを「製品化」すること、③製品化したものを消費者に「提供」すること、④新たな顧客を次々に「開拓」することの 4 つのプロセスを直線的に進めていくものである。
エ リーン・スタートアップは、新規事業の製品やサービス、対象となる顧客、販売方法などが詳細に記述されたビジネス・プランを構築し、そのビジネス・プランに従って新規事業を進めていくプロセスである。

解説

リーンスタートアップに関する問題です。
まとめシートでは以下の通りまとめています。

それでは選択肢をみていきましょう。

選択肢ア:その通りです。リーンスタートアップとは、新製品やサービスに関して仮説を構築して最小限のコストでMVP(Minimum Viable Product)を開発し(構築)、MVP を顧客に提供し反応を見て(計測)、顧客の反応、意見からMVP を改良する(学習)というプロセスを短期間で繰り返すことで起業や新規事業の成功率を高める手法のことです。
また、このプロセスの中で、最初に構築した仮説が誤りだとわかったら、すぐに方向転換(ピボット)をします。
よって、この選択肢は〇です。

選択肢イ:「実験回数をあらかじめ制限しておく」という点が誤りです。リーンスタートアップでは、顧客の反応、意見からMVP を改良する(学習)というプロセスを短期間で繰り返すことで起業や新規事業の成功率を高めると考えられています。
よって、この選択肢は×です。

選択肢ウ:誤りです。リーンスタートアップのステップは①構築→②計測→③学習の3段階であり、また直線的に進めるのではなく3ステップを繰り返し進めることで成功率を高める手法です。
よって、この選択肢は×です。

選択肢エ:誤りです。問題文にもある通りリーンスタートアップとは、「仮説の検証を素早く繰り返すことによって、学習を通して、新しいビジネスの成功率を高めようとするモデル」であるため、選択肢の「新規事業の製品やサービス、対象となる顧客、販売方法などが詳細に記述されたビジネス・プラン」という点はこの手法の説明としては不適切です。
よって、この選択肢は×です。

以上から、正解は選択肢アとなります。

 

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2022年度版まとめシート
好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ