【過去問解説(企業経営理論)】R2 第23問 評価制度

今日は企業経営理論のR2第23問について解説します。

R2 企業経営理論 第23問

 次の文章の空欄A~Cに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 

〔解答群〕
ア A:寛大化傾向  B:厳格化傾向  C:中心化傾向
イ A:寛大化傾向  B:対比誤差   C:逆算化傾向
ウ A:寛大化傾向  B:対比誤差   C:中心化傾向
エ A:論理的誤差  B:厳格化傾向  C:中心化傾向
オ A:論理的誤差  B:対比誤差   C:逆算化傾向

解説

人事評価における心理的偏向に関する問題です。

それでは早速各選択肢の用語を見ていきましょう。

まずは空欄Aですが、「寛大化傾向」とは評価に対する反発の恐れや被評価者への気遣いから、評価がついつい甘くなりがちな傾向のことであり、「論理的誤差」とは事実を十分確認せずに、推論によって評価を行うことです。よって、空欄Aには「寛大化傾向」が入ります。

次に空欄Bですが、「厳格化傾向」とは業務内容に精通していること等から、評価が厳しすぎる傾向になることであり、「対比誤差」とは評価者自身の能力を基準にし、被評価者の能力を比較して評価することをいいます。よって、空欄Bには「対比誤差」が入ります。

最後に空欄Cですが、「中心化傾向」とは厳しい優劣の判断を回避して、評価が中心に集まってしまう傾向のことであり、「逆算化傾向」とは最終的な評価結果を先に決め、その結果になるよう逆算して各項目の評価を調整することです。よって、空欄Cには「逆算化傾向」が入ります。

以上から正解は選択肢イとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート好評発売中!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ