【過去問解説(企業経営理論)】R2 第34問 (1) ブランド戦略

今日は、企業経営理論のR2 第34問 設問1について解説します。

企業経営理論 R2 第34問 設問1

次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
企業は、ブランド・エクイティを創出し、維持し、強化するために、自社ブランドの市場状況と製品状況を考慮しながらブランド戦略を展開している。その成果を示す 1 つの指標が、毎年、ブランド価値評価の専門会社から発表される企業ブラン
ド価値ランキングであり、それはランキングが上位であるほど強いブランドであることを示している。

(設問 1 )
文中の下線部①に関して、以下の表は、自社ブランドの市場状況と製品状況によって、当該ブランドが採るべき戦略を検討する際の戦略枠組みである。自社の既存ブランドが、既存市場において、新たなブランド名を付すことによって再出発を図るというCに該当する戦略として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
ここでいう市場とは、ニーズや用途を意味する。

〔解答群〕
ア ブランド・リポジショニング
イ ブランド開発
ウ ブランド強化
エ ブランド変更

解説

ブランド戦略に関する問題です。
設問で示されている枠組みは、ブランド基本戦略と呼ばれ対象市場と製品の軸で戦略をカテゴライズするものです。

それでは選択肢をみていきましょう。

選択肢ア:ブランド・リポジショニングはBに入り、既存ブランドで新規市場を狙うものです。
よって、この選択肢は×です。

選択肢イ:ブランド開発はDに入り、ブランドも市場どちらも新規を狙うものです。
よって、この選択肢は×です。

選択肢ウ:ブランド強化はAに入り、既存ブランドで既存市場を狙うものです。
よって、この選択肢は×です。

選択肢エ:ブランド変更はCに入り、市場は既存のままで、既にある製品のブランド名のみ変更するものです。
よって、この選択肢は〇です。

以上から、正解は選択肢エとなります。

ブランド基本戦略の例については、日本マーケティング協会の記事で具体例が紹介されていました。
実際の例をイメージしながらだとより覚えやすくなりそうですので、ご興味のある方は覗いてみてください。

設問2の解説はこちら

 

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2022年度版まとめシート
好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ