【過去問解説(情報)】R1 第22問 ITアウトソーシング

今日は情報システムのR1 第22問について解説します。

R1 情報システム 第22問

情報通信ネットワークを介して、外部の事業者が提供するさまざまな種類のサービスを、中小企業も利用できるようになってきている。
そのようなサービスに関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 所有する高速回線や耐震設備などが整った施設を提供することで、顧客が用意するサーバなどの設置を可能にするサービスをハウジングサービスという。
b 所有するサーバの一部を顧客に貸し出し、顧客が自社のサーバとして利用するサービスをホスティングサービスという。
c 電子メール、グループウェア、顧客管理システム、財務会計システムなどの機能をネットワーク経由で提供するサービスを、ソーシャルネットワークサービスという。
d 業務用のアプリケーションの機能をネットワーク経由で複数に提供するサービスを ISP サービスという。

〔解答群〕
ア aとb
イ aとd
ウ bとc
エ cとd

解説

ITアウトソーシングに関する問題です。
まとめシートでは以下の通り解説しております。

それでは表を参考にしながら選択肢をみていきましょう。

:その通りです。ハウジングはコロケーションとも呼ばれ、サーバなどをユーザーが⽤意して、サービス事業者に設置する場所を貸してもらう形式です。
よって、この選択肢は〇です。

:その通りです。ホスティングはレンタルサーバとも呼ばれ、サービス事業者が⽤意したサーバを貸し出すサービスです。
よって、この選択肢は〇です。

:説明は、SaaSに関するものです。SaaS(Software as a Service)は、IaaS、PaaSに加えて、ソフトウェアをサービスとして提供す
るものです。
ソーシャルネットワークサービスとはSNSと呼ばれ既におなじみになっていますが、登録された利用者同士が交流できるWebサイトの会員制サービスのことです。
よって、この選択肢は×です。

:説明はASP(Application Service Provider)に関するものです。サービス事業者が保有しているサーバ上にあるアプリケーションソフトを利⽤するサービスです。
ちなみに、ISP(Internet Service Provider)とはインターネット環境を管理する事業者のことです。
よって、この選択肢は×です。

以上から、正しい説明はaとbの組み合わせですので
正解は選択肢アとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2022年度版まとめシート
好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ