【過去問解説(情報)】H24 第11問 インターネット

今回は経営情報システムのH24年第11問のインターネットに関する問題について解説します。

 

H24 情報 第11問

インターネットへの接続やLANの構成に際して必要となる知識に関する記述として最も適切なものはどれか。
ア DNSとは、グローバルIPアドレスをプライベートIPアドレスに変換するサーバである。
イ MAC アドレスとは、ネットワーク機器の LAN カードなどに付けられたアドレスである。
ウ プライベート IP アドレスとは、個人に割り当てられるグローバル IPアドレスである。
エ ルーティングとは、ネットワーク上で円滑に情報を送信できるように、ゲートウェイやサブネットマスクのアドレスを指定することである。

解説

インターネットに関する用語の意味を問う基本的な問題です。

 

それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

選択肢アのDNSは、Domain Name Systemの略で、数字の羅列で人間には識別しにくいIPアドレスを人間が読みやすいよう、ドメイン名に変換するシステムのことです。グローバルIPアドレスをプライベートIPアドレスに変換するサーバはNATかIPマスカレードですのでこの選択肢は×です。

選択肢イは、その通りで〇です。

念のため残りの選択肢も見てみましょう。

選択肢ウのプライベートIPアドレスとは、LANの中だけで使われるIPアドレスのことで、グローバルIPアドレスとは別物ですので×です。

選択肢エのルーティングとは、ネットワーク上で行われる道案内のようなもので、データを目的地まで送信するために、コンピュータネットワーク上のデータ配送経路を決めることです。そのためこの選択肢は×です。

以上から、正解は選択肢イとなります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ