【過去問解説(情報)】H25 第4問 プログラム

今回は経営情報システムのH25年第4問のプログラムに関する問題について解説します。

 

H25 情報 第4問

Webコンピューティングに使われる言語に関する下記の説明①〜③と、それらに該当する言語の組み合わせとして最も適切なものを下記の解答群から選べ。
① SGMLを元とする言語で、WWWで使用されるハイパーテキストを記述するために用いられる。
② タグと呼ばれる特別な文字列を利用する言語で、ユーザ独自のタグも定義できる。
③ UNIX用のテキスト処理言語として開発されたインタプリタ言語である。

[解答群]
ア ①:HTML ②:DHTML ③:XBRL
イ ①:HTML ②:XML   ③:Perl
ウ ①:XML  ②:DHTML ③:XBRL
エ ①:XML  ②:HTML  ③:Perl

解説

それでは早速問題を見てみましょう。

 

説明①は、「ハイパーテキストを記述するため」とあるので、HTMLのことを言っています。
これで、解答が選択肢アまたはイに絞られました。

説明②は、「ユーザ独自のタグも定義できる」とあるので、XMLのことを言っています。
そのため、解答は選択肢イに絞ることができました。

念のため説明③も見てみると、説明③はPerlのことで問題なさそうです。

 

以上から正解は選択肢イとなります。

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ