【過去問解説(情報)】H25 第7問 ファイル・データ分析

今回は経営情報システムのH25年第7問のファイル・データ分析に関する問題について解説します。

 

H25 情報 第7問

会社や商品の紹介、さらに商品のネット上での販売など、自社のWebコンテンツ作成の機会が増えている。これらに用いるソフトウェア資源に関する以下の文章の空欄A〜Dに入る用語の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
会社や商品の紹介など、基本的なWebコンテンツを作成する場合も、ページ数が多くなるとともに、各ページの書式の統一性やデザイン的側面など管理項目が多くなる。デザイン性の向上や書式の統一性確保のためには、使いやすいユーザインタフェースによってコンテンツ作成が可能な[ A ]を利用する。また、新商品をニュースのような形式で順次告知したいなど、多くのWebページの追加・更新などを一元管理したい場合は[ B ]などが利用できる。
さらに、商品管理システムと連携した商品販売サイト機能の構築・運用を行いたい場合は、Webサーバソフトウェア、[ C ]、スクリプト言語など複数のソフトウェア資源が必要となる。これらが容易に利用できるように、オープンソースソフトウェアの[ D ]などはそれらをセットにして提供するものである。
[解答群]
ア A:オーサリングツール B:CMS C:DBMS D:LAMP
イ A:コンストラクションツール B:CGI C:CMS D:SOAP
ウ A:コンテンツフィルタ B:SOAP C:DNS D:CGI
エ A:マルチメディアツール B:PHP C:FTP D:Ajax

 

それでは早速各空欄を考えていきましょう。
空欄Aは「コンテンツ作成が可能な」とありますので、システムの構築に使うコンストラクションツール、有害な情報をフィルタリングするコンテンツフィルタは選択肢として削ることができます。
そのため、選択肢イとウは削られ、正解は選択肢アまたはエに絞れます。

空欄Bを見てみるとWebページの一元管理とありますので、CMSが入ります。
以上から正解は選択肢アとすることができます。

念のため空欄C、Dを確認すると、空欄Cはデータベースを管理するためのDBMS、空欄Dはオープンソースソフトウエアの組み合わせであるLAMPが入り、特に問題はありません。

以上から正解は選択肢アとなります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ