【過去問解説(情報)】H27 第10問 ネットワーク

今回は経営情報システムのH27年第10問のネットワークに関する問題について解説します。

 

H27 情報 第10問

近年、情報ネットワークが発展・普及し、その重要性はますます高まっている。
そのようなネットワークに関する以下の文章の空欄A〜Dに入る用語の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
ある限られたエリアの限定的なネットワークである[ A ]から、別の[ A ]のユーザにアクセスしようとすれば、[ A ]同士をつなぐ[ B ]と呼ばれるネットワークが必要となる。一方、ユーザ同士を電話回線などを利用して単に結びつけるだけでなく、コード変換などのサービスも提供しようとしたのが[ C ]と呼ばれるサービスである。
現在のネットワークの普及には、インターネットの登場が大きな影響を与えた。[ B ]や[ C ]が提供する通信サービスもインターネットで代替できるようになり、安価かつ容易に広範囲な情報ネットワークを構築できるようになった。しかし、インターネットには通信のセキュリティの問題がある。遠隔の複数の拠点にまたがる組織の拠点間の通信セキュリティを高めるために利用できる技術として[ D ]などが知られている。
[解答群]
ア A:LAN B:WAN C:EDI D:IPS
イ A:LAN B:WAN C:VAN D:VPN
ウ A:WAN B:LAN C:EDI D:VPN
エ A:WAN B:LAN C:VAN D:IPS

 

ネットワークに関する基本的な問題です。

 

それでは早速各空欄を見ていきましょう。

空欄A、Bは、選択肢を見るとどちらかにLANが、どちらかにWANが入るということがわかります。
文章を見てみると空欄Aはある限られたエリアの限定的なネットワークとあり、空欄BはA同士をつなぐネットワークとありますので、空欄AにはLANが、空欄BにはWANが入ります。

そのため、正解は選択肢アまたはイとなります。

次に空欄Cを見ると、コード変換などのサービスも提供しようとした、とありますので、付加価値がついた通信網という意味のVANが入ります。

これで正解は選択肢イに絞ることができました。

念のため空欄Dも見てみると、「組織の拠点間の通信セキュリティを高めるために利用できる技術」とありますので、バーチャルなプライベートっぽいネットワークである、VPNが入ります。

以上から正解は選択肢イとなります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ