【過去問解説(情報)】H28第1問 ハードウエア

今回は経営情報システムのH28年第1問のハードウエアに関する問題について解説します。

 

H28 情報 第1問

各種業務処理を行ううえでパーソナルコンピュータ(PC)の重要度が増す中、業務内容に適した機器構成を検討することは重要である。これに関する記述として最も適切なものはどれか。
ア HDDとは異なりSSDは、OSのインストールができないため起動ドライブとしては使えない。
イ PCにグラフィックボードを付ける場合、IDEインタフェースに装着する。
ウ PCには、処理速度を向上させるために、メモリモジュールを複数枚組み合わせて利用できるものがある。
エ マザーボード上のCPUソケットの形状は標準化されているので、処理速度の速いどのようなCPUへの交換も可能である。

 

それでは早速、それぞれの選択肢を見てみましょう。

 

選択肢アのSSDは、ノートPCの補助記憶装置としても使われています。SSDの入ったノートPCにOSのインストールができないということはないためこの選択肢は×と考えられます。

選択肢イのIDEインターフェースは、内蔵ハードディスクなどの接続に使われるパラレルATAのことで、グラフィックボードの接続はできません。よってこの選択肢は×と考えられます。

選択肢ウは特に問題なさそうです。ちなみにメモリスロットに同じ規格、同じ容量のメモリを2枚取り付けることで、速度をアップさせる技術のことをデュアルチャネルといいます。

選択肢エのCPUソケットは、規格がいくつかあるので、「どのようなCPUへの交換も可能」ではありませんので、この選択肢は×です。
ちなみに選択肢エは「どのようなCPUへの交換も可能」とありますが、このような強い強調の言葉が使われている選択肢は×の可能性が非常に高いですので、もしCPUソケットの規格は複数あり、交換できないものもあるということを知らなくても、この強調ワードによりこの選択肢を削ることも可能だったかと思います。

 

以上から、正解は選択肢ウとなります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ