【過去問解説(情報)】H28 第4問 ソフトウエア

今回は経営情報システムのH28年第4問のソフトウエアに関する問題について解説します。

 

H28 情報 第4問

PCには多様なソフトウェアが使われている。ソフトウェアに関する記述として 最も適切なものはどれか。 

ア デバイスドライバとは、PC に接続される周辺機器を制御するためのソフトウ ェアである。 

イ ファームウェアとは、OS の一部分を指し、接続される周辺機器と通信するた めのソフトウェアである。 

ウ ミドルウェアとは、OS の中核となって機能するソフトウェアである。 

エ ユーティリティプログラムとは、アプリケーションプログラムの総称である。

 

それでは早速、それぞれの選択肢を見てみましょう。

 

選択肢アのデバイスドライバの説明は特に問題なさそうです。よって、この選択肢は〇と考えられます。

 

選択肢イのファームウェアは、BIOSのような、ハードウェアを動かすためのソフトウェアのことです。ちなみに「接続される周辺機器と通信するた めのソフトウェア」はデバイスドライバの説明です。よってこの選択肢は×と考えられます。

選択肢ウのミドルウエアはOSとアプリケーションソフトの中間のソフトウエアです。OSにはない特定の機能(DBとか)でアプリケーションソフトウエアを動かすための基本処理をするものです。よって、この選択肢は×です。

選択肢エのアプリケーションプログラムとは、販売管理ソフトや会計ソフトなどの特定の用途の個別応用ソフトウエアやOfficeのような共通応用ソフトウエアのことです。
ユーティリティプログラムはシステムソフトウエアなのでこの選択肢は×です。

 

以上から、正解は選択肢アとなります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ