【過去問解説(情報)】H28 第8問 正規化

今回は経営情報システムのH28年第8問のセキュリティに関する問題について解説します。

 

H28 情報 第8問

リレーショナルデータベース(RDB)では定義された複数の表に様々なデータを格納して処理を行う。下記のような A表とB表がある場合、参照の完全性(参照整合性ともいう)を保つために必要な事柄として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

[解答群]
ア B表の外部キーの値には重複や空の値があってはならない。
イ B表の外部キーの値はA表の主キーに存在しなければならない。
ウ B表の行は削除できるがA表の行は削除できない。
エ 商品に関するデータが未登録であった場合、B表にデータ入力を行う。

 

それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

選択肢アの外部キーは、別の表を参照するためのものですので、空欄があっても大丈夫です。逆に主キーには空白は入りません。よって、この選択肢は×です。

選択肢イはその通りで、外部キーの値は、必ず主キーに存在しないといけません。

念のため残りの選択肢も見ていきましょう。

選択肢ウは、B表の行から参照されてない行であればA表の行でも削除することができます。よってこの選択肢は×です。

選択肢エは、商品に関するデータが未登録であった場合、B表ではなく、A表に入力を行う方が望ましいと考えられます。よってこの選択肢は×です。

以上から正解は選択肢イとなります。

 

 

2020年度版まとめシート(前編)
書店でも好評発売中

ご購入はこちら

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ