【過去問解説(情報)】H29第16問 データベース

今回は経営情報システムのH29年第16問のデータベースに関する問題について解説します。

 

H29 情報 第16問

データベースに蓄積されたデータを有効活用するためにデータウェアハウスの構築が求められている。
データウェアハウスの構築、運用あるいはデータ分析手法などに関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア BI(Business Intelligence)ツールとは、人工知能のアルゴリズムを開発するソフトウェアをいう。
イ ETL(Extract/Transform/Load)とは、時系列処理のデータ変換を行うアルゴリズムをいい、将来の販売動向のシミュレーションなどを行うことができる。
ウ 大量かつ多様な形式のデータを処理するデータベースで、RDBとは異なるデータ構造を扱うものにNoSQLデータベースがある。
エ データマイニングとは、データの特性に応じてRDBのスキーマ定義を最適化することをいう。

 

それでは早速、それぞれの選択肢を見てみましょう。

 

選択肢アのBIツールは企業に蓄積されたデータを集めて分析して、企業の意思決定を助けるツールで、人工知能のアルゴリズムを開発するソフトウェアではないため×です。

選択肢イの、ETLについては、もし用語の意味を知らない場合、いったんパスして次の問題に進みます。

選択肢ウのNoSQLは、説明の通り大量かつ多様な形式のデータを処理するデータベースで、RDBとは構造が異なりますので、この選択肢は〇です。

選択肢エのデータマイニングは、大容量のデータを解析することでそのデータの中に隠された法則や関係性を探すための手法です。

「データの特性に応じてRDBのスキーマ定義を最適化する」という意味は特にありませんので、この選択肢は×です。

 

選択肢イはいったんパスしましたが、選択肢ウが明らかに〇なので、×だろうと判断できます。

ちなみに、ETLとは、企業内の複数のシステムに蓄積されたデータを抽出(Extract)し、抽出したデータをデータウェアハウスなどで使いやすいように変換・加工(Transform)した上で、データベースに書き込む(Load)ソフトウェアのことです。

 

以上から、正解は選択肢ウとなります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ