【過去問解説(情報)】H30第1問 ハードウエア

今回は経営情報システムのハードウエアに関する問題について解説します。

 

H30 情報 第1問

パーソナルコンピュータ(PC)の利用においては、業務内容に応じてハードディスクドライブ(HDD)などのさまざまな種類の周辺機器を PC 本体に接続することがある。周辺機器を接続するインタフェースに関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア e-SATAは、PC本体の電源を切らずに外付けHDDの接続が可能なシリアルインタフェースである。
イ SCSIは、外付けHDD、モデムやマウスの接続が可能なシリアルインタフェースである。
ウ USB は、PC本体の電源を切らずに外付け HDDの接続が可能なパラレルインタフェースである。
エ シリアルATAは、外付けHDD、モデムやマウスの接続が可能なインタフェースである。

 

それでは早速、各選択肢を見ていきましょう。

 

選択肢アのe-SATAは、外付けHDを接続するシリアル伝送のインターフェースなので正しいと考えられます。

ちなみにSATAのSはシリアルという意味です。

これで多分確定なのですが、もし「PC本体の電源を切らずに」というところに自信がなければ念のため他の選択肢も見てみます。

 

選択肢イのSCSIはパラレル伝送のインターフェースなので×です。

 

選択肢ウのUSBはシリアル伝送のインターフェースなので×です。

 

選択肢エのシリアルATAは、内臓HDの接続用のインターフェースなので×です。

 

以上から、正解は選択肢アとなります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ