【過去問解説(情報)】H30第2問 ソフトウエア

今回は経営情報システムのソフトウエアに関する問題について解説します。

今回のような穴埋め問題は、比較的得点しやすい問題が多いですので、取りこぼさないようにしましょう

 

H30 情報 第2問

PC ではさまざまな種類のソフトウェアが利用されている。PC のソフトウェアに関する以下の①~④の記述と、それらに対応する用語の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
① PC の電源投入時に最初に実行され、PC と周辺機器との間の入出力を制御するソフトウェア。
② 出荷済みのソフトウェアの不具合を修正・更新するために該当部分だけを書き換えるソフトウェア。
③ 著作権は放棄されていないが、誰もが無償で入手・利用でき、ライセンスの範囲であれば、再配布や内容の改良をすることが許可されているソフトウェア。
④ 単独では機能せず、Web ブラウザなどのアプリケーションに組み込むことで、そのアプリケーションの特定の機能を拡張するソフトウェア。
〔解答群〕
ア ①:BIOS     ②:カーネル     ③:ファームウェア     ④:ミドルウェア
イ ①:BIOS     ②:パッチ     ③:フリーウェア     ④:プラグインソフト
ウ ①:OS     ②:シェル     ③:ファームウェア     ④:プラグインソフト
エ ①:OS     ②:パッチ     ③:フリーウェア     ④:ミドルウェア

 

それでは、それぞれの記述を見ていきましょう。

①は、「電源投入時に最初に実行され」とあるのでBOISです。

②は、用語を知っているか知らないかになりますが、パッチです。ちなみにカーネルとは、ざっくり言うとOSの中核部分として働いているソフトウェアのことで、シェルとは、ざっくり言うと人が行った入力をコンピュータに伝えるソフトウエアのことです。

③は、「誰もが無償で入手・利用でき」とありますのでフリーウエアです。ファームウエアは、電子機器を制御するために組み込まれているソフトウェアのことで、機器のROMに書き込まれているソフトウエアです。 

④は、「アプリケーションに組み込むことで、そのアプリケーションの特定の機能を拡張する」とありますのでプラグインソフトです。

ちなみに、ミドルウエアはOSとアプリケーションソフトウエアの中間的な役割を果たすソフトウエアのことでしたね。

 

以上から、正解は選択肢イとなります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ