【過去問解説(情報)】R1 第16問 データ分析

今日は経営情報システムのR1第16問について解説します。

 

R1 経営情報システム 第16問
経営の情報化において、意思決定者を支援するために、必要なデータの取得や分析などを行うシステムが求められることがある。
意思決定のためのデータ支援に関するa~cの記述と①~⑤の用語の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
【記述】
a 企業のさまざまな活動を介して得られた大量のデータを目的別に整理・統合して蓄積し、意思決定支援などに利用するために、基幹業務用のデータベースとは別に作成するもの。
b 多様な形式で蓄積されている生データに対して、データ形式統一、欠損値補完、単位統一などの処理を行い、横断的な解析ができるように整えること。
c スライシング、ダイシング、ドリルダウンなどのインタラクティブな操作によって多次元分析を行い、意思決定に利用できるようにすること。
【用語】
① OLAP
② データウェアハウス
③ データクレンジング
④ データマイニング
⑤ データマッピング
〔解答群〕
ア aと②  bと③  cと①
イ aと②  bと⑤  cと④
ウ aと⑤  bと③  cと④
エ aと⑤  bと④  cと①

今回は記述にある説明と用語を結び付けるものです。
それでは早速各記述を見ていきましょう。

記述aは、「大量のデータを目的別に整理・統合して蓄積」とありますので、データの倉庫である②データウエアハウスが当てはまります。
これで選択肢はアかイに絞られました。

記述bについては、もし知らなければ一旦スルーして次の記述をチェックします。

記述cは、「スライシング、ダイシング、ドリルダウン」という用語からOLAPだとわかります。

以上から、もし記述bの用語を知らなくても、正解を導くことができ、正解は選択肢アとなります。

ちなみに、選択肢bはデータクレンジングの説明で、データクレンジングとは、顔を洗うクレンジング剤のようにデータをきれいにするとイメージしておくと良いでしょう。

 

 

 

2次試験対策もまとめシートで

「まとめシート」流!2次試験対策シリーズ

Amazon Kindleで好評発売中!

 

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ