【過去問解説(情報)】R1 第23問 クラウドコンピューティング

今日は経営情報システムのR1第23問について解説します。

 

R1 経営情報システム 第23問
クラウドコンピューティングは、インターネットを通じて提供されるさまざまなサービスを利用してデータ処理を行う利用形態であり、広く利用されるようになってきている。
クラウドコンピューティングのサービスはさまざまな形態で提供されるが、アプリケーション、ミドルウェア、OS、ハードウェアの全ての機能を提供し、複数の顧客が利用するサービスの名称として、最も適切なものはどれか。
ア IaaS(Infrastructure as a Service)
イ MaaS(Mobility as a Service)
ウ PaaS(Platform as a Service)
エ SaaS(Software as a Service)

 

クラウドコンピューティングに関する問題です。

まとめシートの↓の図が頭に入っていた方は一発で解けた問題かと思います。

「アプリケーション、ミドルウェア、OS、ハードウェアの全ての機能を提供」とありますので、上の図に当てはめると、SaaSとなります。

 

以上から、正解は選択肢エとなります。

 

 

2次試験対策もまとめシートで

「まとめシート」流!2次試験対策シリーズ

Amazon Kindleで好評発売中!

 

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ