【過去問解説(法務)】H24第2問 会社法(資金調達)

今回は、H24年経営法務の第2問の会社法(資金調達)について解説します。
 

H24 第2問
株主管理のコストに関する以下の会話は、中小企業診断士であるあなたと、顧客である株式会社の代表取締役甲氏との間で、平成 24 年6月6日に行われたものである。その前提で、会話中の空欄に当てはまる語の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
甲 氏:「実は、当社では、株主管理のためのコストが問題となっていまして…。」
あなた:「御社の株主の状況はどうなっていましたっけ。」
甲 氏:「この書面のとおりです。」
あなた:「ええっ、本当ですか…。この1株ずつ持っている 500 名はどういった人ですか。」
甲 氏:「取引先の経営者かその関係者です。何十年も前に、取引先にも株を持ってもらおうということで、先代の社長が実施しまして、当社は資本金が5,000 万円しかないのに、株主は約 500 名という形になりました。これでも当初は取引先とも関係がよくなるなどメリットは多かったのですが、その後の長い間に取引先も代替わりや廃業などがあって、現在では、メリットは失われ、毎年の株主総会の招集通知を送るコストだけでもばかにならないよという話になってきまして。」
あなた:「なるほど。そうしますと、[ A ]あるいは[ B ]を利用することが考えられると思います。」
甲 氏:「そうするとどうなるのですか。」
あなた:「どちらでも、例えば、今の 10 株を1つのまとまりにしてしまう、といったことができます。そうすると、その他 500 名の方に、株主総会の招集通知を送る必要がなくなります。」
甲 氏:「2 つの方法では何が違うのですか。」
あなた:「[ A ]の場合、これらの 500 名の方は、最終的には、お金が支払われ、御社の株主ではなくなります。[ B ]の場合は、買取請求をされたりした場合には株主でなくなりますが、そうでなければ、これらの 500名の方も株主であり続けます。」
甲 氏:「今年の招集通知を送らなくても済む方法を使いたいのですが。」
あなた:「残念ながら、どちらの方法も、株主総会での特別決議がないと実施できないので、最短でも、今回の総会で承認決議をしてからということになります。」
【甲氏が持参した書面】
当社株式 合計1万株
(内訳)
甲 6,200 株
X 氏 2,200 株
Y 氏 1,000 株
Z 氏 100 株
その他 500 名 各1株
[解答群]
ア  A:株式分割    B:単位株制度
イ  A:株式併合    B:単元株制度
ウ  A:単位株制度  B:株式併合
エ  A:単元株制度  B:株式分割

 

会話によると、甲氏は1株ずつ持っている500人の株主について、管理のためのコストがかかっているので、それを楽にする目的で何らかの対策をしたいと考えていることがわかります。
そこで空欄A、Bには株主管理を楽にするための方法が入るはずです。

解答群を見てみると、株式分割、株式併合、単位株制度、単元株制度の4つが挙げられています。
そのうち、株式分割はさらに株式を増やすことになり、株主管理のコストを減らすという観点から考えると適しておらず、単位株制度は今は存在しない制度なので、この2つは除外されると考えられます。

そのため、「株式分割」、「単位株制度」のいずれかが入っている選択肢を削っていくと、残ったのは空欄Aに「株式併合」、空欄Bに「単元株制度」が入る選択肢イとなります。

念のため、本文と照らし合わせて確認すると、空欄Aはその制度を使うと株主でなくなり、空欄Bはその制度を使っても株主であり続ける、とあるので、空欄Aには株式分割が、空欄Bには単元株制度が入ります。

単位株制度が古い制度で、今は存在しないということを知らない方でも、空欄A、Bの違いをチェックすれば、正解が導ける問題です。

 

以上から、正解は選択肢イとなります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

 

—–

1件のフィードバック

  1. 念のため、本文と照らし合わせて確認すると、空欄Aはその制度を使うと株主でなくなり、空欄Bはその制度を使っても株主であり続ける、とあるので、空欄Aには株式分割が、空欄Bには単元株制度が入ります。

    空欄Aは、株式併合ではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ