【過去問解説(法務)】H26第13問 産業財産権

今回は、H26年経営法務の第13問の産業財産権の問題について解説します。
 

H26 第13問

産業財産権­(工業所有権)の存続期間に関する下記の設問に答えよ。
(設問1)
次のa~dの各権利とその存続期間の組み合わせとして最も適切なものを下記の解答群から選べ。ただし、法改正に伴う経過措置、存続期間の延長及び更新については考慮しないものとする。
[権利]
a 意匠権  b 実用新案権  c 特許権  d 商標権
[解答群]
ア a:出願日から20年 b:出願日から10年 c:登録日から10年 d:登録日から10年
イ a:登録日から10年 b:出願日から6年 c:出願日から20年 d:出願日から10年
ウ a:登録日から15年 b:登録日から10年 c:登録日から20年 d:出願日から10年
エ a:登録日から20年 b:出願日から10年 c:出願日から20年 d:登録日から10年

(設問 2)
産業財産権のうち、(1)存続期間の更新登録制度があるもの、(2)存続期間の延長登録制度があるものの組み合わせとして最も適切なものはどれか。
ア (1):意匠権  (2):特許権
イ (1):実用新案権  (2):意匠権
ウ (1):商標権  (2):特許権
エ (1):特許権  (2):意匠権

 

この問題は、産業財産権に関する基本的な問題ですが、特許の要件は~、範囲は~、存続期間は~・・・といったようにそれぞれを単品で覚えるのではなく、産業財産権の存続期間は特許が~、実用新案が~・・・といったように、ある観点から複数の法律を比較しながら覚えた方が覚えやすく、問題にも対応しやすいです。

まとめシートでは、そのような覚え方がしやすいような表をたくさん掲載していますので、ぜひ活用してください。

 

(設問1)

各権利の存続期間の問題です。

この問題は下記の図を覚えておけば、そのまま対応することができます。

この表と照らし合わせると、正解は選択肢エとなります。

 

(設問2)

これも上記の表を覚えておけば簡単に解ける問題で、正解は選択肢ウとなります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ