【過去問解説(法務)】H28第12問 不正競争防止法

今回は、H28年経営法務の第12問の不正競争防止法の問題について解説します。
 

H28 第12問

以下の文章は、不正競争防止法上の営業秘密に関するものである。文中の空欄A〜Cに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
不正競争防止法上の「営業秘密」に該当するためには、「秘密管理性」、「A」および「B」の3つの要件を満たすことが必要である。
この「秘密管理性」があるというためには、その情報に合法的かつ現実に接触することができる従業員等からみて、その情報が会社にとって秘密としたい情報であることが分かる程度に、アクセス制限やマル秘表示といった秘密管理措置がなされていることが必要である。
また、「A」の要件は、脱税情報や有害物質の垂れ流し情報などの公序良俗に反する内容の情報を、法律上の保護の範囲から除外することに主眼を置いた要件であり、それ以外の情報であれば「A」が認められることが多い。現実に利用されていなくてもよく、失敗した実験データというようなネガティブ・インフォメーションにも「A」が認められ得る。
さらに、「B」があるというためには、合理的な努力の範囲内で入手可能な刊行物には記載されていないなど、保有者の管理下以外では一般に入手できないことが必要である。なお、例えば、[ C ]目的で、詐欺等行為又は管理侵害行為によって、営業秘密を不正に取得する行為等は営業秘密侵害罪を構成しうる。
[解答群]
ア A:適法性 B:新規性 C:営利
イ A:適法性 B:非公知性 C:営利
ウ A:有用性 B:新規性 C:図利加害
エ A:有用性 B:非公知性 C:図利加害

 

この問題は不正競争防止法上の「営業秘密」の3つの要件を知っていればすぐ解ける問題です。

 

営業秘密の要件とは、「秘密管理性」、「有用性」、「非公知性」の3つでしたね。

空欄A、Bに入る解答群を見ると、この3つが含まれているのは選択肢エだけですので、正解は選択肢エとなります。

 

念のため空欄Cを見てみると空欄Cには図利加害が入り、選択肢エで問題ありません。

 

以上から正解は選択肢エとなります。

 

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

後編は1/21~発売予定!

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ