【過去問解説(法務)】H28第16問 契約

今回は、H28年経営法務の第16問の契約の問題について解説します。
 

H28 第16問

以下の文章は、経済産業省が公表している情報システムの企画・開発におけるモデル契約の解説を要約して抜粋したものである。文中の空欄A〜Dに入る語句の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

ユーザ(委託者)がベンダ(受託者)に情報システムの構築を委託する場合、フェーズごとに、契約類型として準委任と請負のどちらとするかを選択しなければならない。
[ A ]ではベンダは仕事(受託業務)の完成の義務を負うのに対し、[ B ]ではベンダは仕事の完成についての義務は負わない。そうすると、受託業務に着手する前の段階でベンダにとって成果物の内容が具体的に特定できる内部設計やソフトウェア設計などのフェーズは、[ A ]で行うことが可能である。
これに対し、システム化計画や要件定義のフェーズは、ユーザ自身にとっても業務要件が具体的に確定しておらず、ベンダにとっても成果物の内容を具体的に想定することは通常不可能であるから、[ A ]にはなじみにくく、[ B ]が適切ということになる。
[  A ]では、ユーザに引き渡された成果物に瑕疵があった場合、ベンダは無過失責任としての[ C ]責任を負い、ユーザは修補や損害賠償を請求することができ、瑕疵により契約の目的を達成できないときは契約を解除できる。これに対して、[ B ]の場合、[ C ]責任を負うことはないが、事務処理に関して善管注意義務違反があった場合には、[ D ]責任を負うこととなる。
実際の契約において、準委任型とするか、請負型とするかは、成果物の特定についての当事者同士の経験や役割分担の遂行能力等に基づき、成果物についての共通理解が事前に十分に成立しているかによるが、[ B ]型としなかった場合、ユーザ自身のシステム化計画や要件定義におけるステークホルダとの調整を行う責任等が曖昧になり、要件定義上の見落としも生じやすいとの指摘が多い。

[解答群]
ア A:請負 B:準委任 C:瑕疵担保 D:債務不履行
イ A:請負 B:準委任 C:債務不履行 D:瑕疵担保
ウ A:準委任 B:請負 C:瑕疵担保 D:債務不履行
エ A:準委任 B:請負 C:債務不履行 D:瑕疵担保

それでは早速空欄に入る言葉を見ていきましょう。

解答群を見ると、空欄A、Bにはそれぞれ、「請負」もしくは「準委任」が入るはずです。
本文中の『[ A ]ではベンダは仕事(受託業務)の完成の義務を負うのに対し、[ B ]ではベンダは仕事の完成についての義務は負わない。』という記述から、
Aには請負が、Bには準委任が入ることがわかります。
念のため以降の文章にそれぞれの用語を入れても問題なく意味が通るため、正解はAに請負が、Bに準委任が入る選択肢アまたはイと考えられます。

次に空欄CとDを見ると、空欄C、Dにはそれぞれ、「瑕疵担保」、もしくは「債務不履行」が入るはずです。
[ A(請負) ]では、ユーザに引き渡された成果物に瑕疵があった場合、ベンダは無過失責任としての[ C ]責任を負い』という記述から、空欄Cには「瑕疵担保」が入ることがわかります。

また、『[ B(準委任) ]の場合、[ C(瑕疵担保) ]責任を負うことはないが、事務処理に関して善管注意義務違反があった場合には、[ D ]責任を負うこととなる。』という記述から、Dには債務不履行が入ることがわかります。
 

以上から正解は選択肢アとなります。

 

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

後編は1/21~発売予定!

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ