【過去問解説(経済学)】H25 第12問 投資に関する理論

今回はH25年第12問の問題について解説します。

H25 経済学 第12問

トービンのqに関する記述として、最も不適切なものはどれか。
ア 投資に影響を与えるのは株価であるとされる。
イ トービンのqが1を上回ると、企業は新たな投資を行うことが望ましい。
ウ トービンのqが1を下回ると、企業が保有する資本ストックを市場で売却した金額のほうが、その資本ストックを使って企業が生み出す利益よりも小さいことを表している。
エ トービンのqは、分子に株式市場で評価された企業価値と企業の負債総額の和をとり、分母に資本の再取得価格をとる。

 

トービンのq理論についての問題です。

 

トービンのq理論とは、以下の式をトービンのqとし、トービンのqが1より大きければ投資をし、1より小さければ資本を売るという考え方です。

 トービンのq=企業の市場価値÷現存の資本ストックを買い替える費用の総額 

qが1より大きい場合、企業は資本ストックを増やして財を増やそうとします。

逆にqが1より小さい場合、企業は資本ストックを売却します。

さて、それを踏まえて各選択肢をみていきましょう。

 

選択肢アとエはその通りで、上で挙げた式の企業の市場価値とは財務・会計でも学んだように、負債価値+株式価値のことを表しています。

また、選択肢イもその通りです。

 

選択肢ウは、トービンのqが1を下回ったときは、企業が保有する資本ストックを市場で売却した金額のほうが、その資本ストックを使って企業が生み出す利益よりも大きくなります。そのため、この選択肢は×です。

以上から正解は選択肢ウとなります。

 

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ