【過去問解説(経済学)】H26 第18問 費用関数

今回はH26年第18問の費用関数の問題を解説します。

H26 経済学 第18問

下図は、完全競争下の企業の総費用曲線と総収入曲線を示したものである。この図に基づいて利潤曲線を描いたものとして最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 

それでは早速問題を見ていきましょう。

 

利潤とは収入-費用ですので、利潤曲線はある生産量について総収入-総費用がどう変化するかをグラフにしたものです。

 

問題に示されているグラフを見ると、生産量が0のときは総費用>総収入なので、総収入-総費用はマイナスになります。

そして、生産量が徐々に大きくなっていき、総費用=総収入、つまり総収入-総費用=0となり、しばらくの間、総収入>総費用なので、総収入-総費用はプラスになります。

さらに生産量が大きくなると、再び総費用=総収入、つまり総収入-総費用=0となり、その後、総費用>総収入、つまり、総収入-総費用がマイナスになります。

 

そのため、利潤が-→+→-と変化する曲線を探すと、選択肢ウが該当するため、正解は選択肢ウとなります。

 

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ