【過去問解説(経済学)】H27第3問 GDP

今回はH27年第3問のGDPの問題を解説します。

 

H27 経済学 第3問

国民経済計算の概念として、最も適切なものはどれか。
ア 国内純生産=国内総生産+固定資本減耗
イ 国内総生産=雇用者報酬+営業余剰・混合所得+生産・輸入品に課される税-補助金
ウ 国内総生産=民間最終消費支出+政府最終消費支出+総固定資本形成+在庫品増加+財貨・サービスの純輸出
エ 国民総所得=雇用者報酬+海外からの所得の純受取

 

国民経済計算に関連する式をきちんと覚えているかが問われています。

それでは早速それぞれの選択肢を見てみましょう。

 

選択肢アの国内純生産(NDP)は、国内総生産(GDP)-固定資本減耗のため×です。

 

選択肢イの式は、分配面から見たGDPの式で、ぱっと見正しそうに見えますが、固定資本減耗が抜けているので×です。

正しくは、

国内総生産(GDP)=雇用者報酬+営業余剰・混合所得+固定資本減耗+生産・輸入品に課される税-補助金

です。

 

選択肢ウの式は、支出面から見たGDPの式で、その通りなので〇です。

 

選択肢エの国民総所得(GNI)は、GDP+海外からの所得の純受取なので×です。

以上から正解は選択肢ウとなります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

後編は1/21~発売予定!

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ