【過去問解説(経済学)】H28第15問 予算制約線

今回はH28年第15問の予算制約線の問題を解説します。

 

H28 経済学 第15問

ある個人が限られた所得を有しており、財X1と財X2を購入することができる。
下図には、同一の所得にもとづいて、実線の予算制約線 A と破線の予算制約線Bとが描かれている。また、予算制約線Aと点Eで接する無差別曲線と、予算制約線Bと点Fで接する無差別曲線も描かれている。下図に関する記述として、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

 

[解答群]
ア 等しい所得の下で予算制約線が描かれているので、点Eと点Fから得られる効用水準は等しい。
イ 予算制約線Aと予算制約線Bを比較すると、予算制約線Bの方が、財X2の価格が高いことを示している。
ウ 予算制約線Aと予算制約線Bを比較すると、予算制約線Bの方が、実質所得が高いことを示している。
エ 予算制約線Aと予算制約線Bを比較すると、両財の相対価格が異なることが示されている。

 

それでは早速それぞれの選択肢を見ていきましょう。
選択肢アは、「点Eと点Fから得られる効用水準は等しい」とありますが、点Eと点Fは異なる無差別曲線上の点ですので、得られる効用水準は異なります。そのため、この選択肢は×です。

 

選択肢イについて見てみます。

予算制約線AとBは財X1の価格が0のときのX2の価格は同じ点にあります。

ということは予算制約線AとBでX2の価格は同じということがわかり、この選択肢は×であると言えます。

 

選択肢ウの実質所得が高いのは予算制約線Bではなく、予算制約線Aですので、この選択肢は×です。

 

選択肢エは、その通りで、財X1と財X2の相対価格は異なります。よってこの選択肢は〇です。

以上から正解は選択肢エとなります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ