【過去問解説(経済学)】H28第8問 乗数理論

今回はH28年第8問の乗数理論の問題を解説します。

H28 経済学 第8問

財市場における総需要Aが以下のように定式化されている。
A = C + I + G
【C:消費、I:投資、G:政府支出】
ここで、消費 C を以下のように定式化する。
C = C0 + cY
【Y:所得、C0:独立消費、c:限界消費性向(0 < c < 1)】
このとき、総需要は A = C0 + cY + I + G と書き改めることができ、総需要線として下図の実線AAのように描くことができる。
下図の45度線(Y = A)は、財市場で需要と供給が一致する均衡条件を示しており、実線AAとの交点Eによって均衡所得が与えられる。なお、簡便化のために、限界消費性向 cは 0.8であると仮定する。
このような状況をもとに、下記の設問に答えよ。

(設問1)
政府支出乗数と租税乗数の値として、最も適切なものはどれか。
ア 政府支出乗数と租税乗数はともに4である。
イ 政府支出乗数と租税乗数はともに5である。
ウ 政府支出乗数は5、租税乗数は4である。
エ 政府支出乗数は8、租税乗数は2である。

(設問2)
いま、他の条件を一定として、I + G の値が外生的に5増加し、図中の実線AAが破線 BBへシフトし、点Fで均衡するものとする。このとき、均衡所得の変化量として、最も適切なものはどれか。
ア 4
イ 10
ウ 25
エ 40

 

それではまずは設問1を見てみましょう。

政府支出乗数と租税乗数を求めます。

総需要は A = C + I + G  で、Y = A なので、

Y = C + I + G となります。

この問題では租税乗数を問われているため、

C = C0 + c(Y - T) とすると、

Y = C0 + c(Y - T) + I + G と表せます。

これをYについて解くと

(1 - c)Y = C0 - cT + I + G

Y = 1/(1 - c){C0 - cT + I + G} ・・・①

と表せ、

①式のG、Tの項から政府支出乗数は1/(1 - c)、租税乗数は-c/(1 - c)となります。

c = 0.8ですので、

政府支出乗数は1/(1 - 0.8) = 5、租税乗数は-0.8/(1 - 0.8) = – 4となります。

これより、正解は選択肢ウとなります。

 

次に設問2を見てみます。

政府支出乗数や租税乗数と同じ考え方で、①式のI + Gの項から、

I + Gが1変化すると、Yは1/(1 - c)変化することがわかります。

c = 0.8ですので、

I + Gが1変化すると、Yは 1/(1 - 0.8) = 5 変化するため、

I + Gが5増加すると、Yは5 × 5 = 25 増加します。

よって、正解は選択肢ウとなります。

 

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

後編は1/21~発売予定!

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ