【過去問解説(経済学)】H30 第13問 独占

今回はH30年第13問の独占に関する問題について解説します。

H30 経済学 第13問

下図は、独占企業が生産する財の需要曲線D、限界収入曲線MR、限界費用曲線MCを示している。この図に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

a 独占企業が利潤を最大にするとき、完全競争を想定した場合と比較して、消費者余剰は減少する。
b 独占企業が利潤を最大にするとき、完全競争を想定した場合と比較して、総余剰は増加する。
c 独占企業の利潤が最大になる生産量はQ1であり、そのときの価格はP1である。
d 独占企業の利潤が最大になる生産量はQ1であり、そのときの価格はP2である。
〔解答群〕
ア aとc
イ aとd
ウ bとc
エ bとd

 

それでは早速考えていきましょう。

完全競争の場合と、独占企業が利潤を最大にした場合の余剰はそれぞれ下図の通りで、青い部分が消費者余剰、赤い部分が生産者余剰です。
見ての通り、独占企業が利潤を最大にすると、完全競争の場合と比較して消費者余剰は減少します。
また、総余剰も減少し、下図のグレーで示す部分が死荷重になります。
そのため、記述aは〇、記述bは×となります。

また、独占企業の利潤が最大になる生産量はQ1ですが、その時の価格は、需要曲線上で生産量Q1のときの価格を示すP1となります。
そのため、記述cは〇、記述dは×となります。

以上から正解は選択肢アとなります。

 

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ