【過去問解説(経済学)】H24 第5問 45度線分析

今日は経済学のH24第5問について解説します。

H24 経済学 第5問

 下表は、総務省が公表した「家計調査報告(二人以上世帯)」2010年11月分、2011年11月分にある勤労者世帯の収支内訳から、実収入(世帯主収入、配偶者の収入、他の世帯員の収入等の合計)、消費支出、非消費支出(所得税、社会保険料等)の金額を抜き出したものである。これら勤労者世帯の限界消費性向を求めるとき、その求め方として最も適切なものを下記の解答群から選べ。

〔解答群〕

解説

消費関数に関する問題です。

ケインズ型消費関数の式より以下の通り表すことができ、消費関数をYについて微分することで、限界消費性向を求めることができます。

C=C0+cY (C:消費、C0:独立消費、c:限界消費性向、Y:可処分所得)

⇒ c=ΔC/ΔY

ΔCは消費支出の変化分となりますので、(E-B)で表すことができます。

ΔYは可処分所得の変化分となりますので、2011年の可処分所得(D-F)と2010年の可処分所得(A-C)から、(D-F)-(A-C)と表すことができます。

よって、限界消費性向c=(E-B)/{(D-F)-(A-C)}となります。

以上から正解は選択肢オとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート好評発売中!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ