【過去問解説(経済学)】H28 第20問 生産関数

今日は経済学H28第20問の生産関数に関する問題について解説します。

経済学H28第20問

 いま、ある1つの投入要素のみを使って、1つの生産財を生産する企業を考える。この企業の生産活動を規定する生産関数は、下図のような形状をしているものとし、要素投入量はゼロより大きい。下図に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。なお、ある要素投入量 X に対する生産量がY であるとき、 Y/X を「平均生産物」と呼び、ある要素投入量に対応する生産関数の接線の傾きを「限界生産物」と呼ぶこととする。

a 平均生産物の大きさは、要素投入量が増えるほど小さくなる。

b 限界生産物の大きさは、要素投入量には依存しない。

c どの要素投入量においても、平均生産物の大きさは、限界生産物の大きさよりも大きい。

d 要素投入量がある程度まで大きくなると、限界生産物の大きさは、平均生産物の大きさよりも大きくなる。

〔解答群〕
ア aとc
イ aとd
ウ bとc
エ bとd

 

解説

解説の便宜上、以下の通り補助線・記号を追加します。

記述aの場合、x/yの大きさは生産関数が右の値を取るほど(=要素投入量Xが大きくなるほど)生産量Yの伸びが小さくなります。よって、x/yは徐々に小さくなります。
よって、この記述は正しいです。

記述bの場合、接線①、接線②の傾きが異なることから、要素投入量が異なると、限界生産物の大きさも変わる事がいえます。
よって、この記述は誤りです。

記述cは下図のような補助線を引けば判断できます。

この時、x/yの平均生産物の傾き(オレンジ色)と、限界生産物の傾き(緑色)を比較すると、限界生産物の傾き(緑色)のほうが傾きが寝ているので、平均生産物の傾き(オレンジ色)より値が小さいと言えます。
以上の事から、「平均生産物>限界生産物」となる事が言えます。
よって、この記述は正しいです。

記述dは記述cと矛盾する説明となることから、誤りと判断できます。

以上より、選択肢ア(aとc)が正解となります。

 

 

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート好評発売中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ