【過去問解説(経済学)】H29 第8問 投資理論

今日は経済学のH29第8問について解説します。

H29 経済学 第8問

 投資の決定に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。

 

a ケインズの投資理論によれば、利子率の低下は投資を増加させる。
b 資本ストック調整原理によれば、投資の調整速度が大きいほど、投資が減少する。
c 投資の限界効率とは、投資収益の現在価値の合計を投資費用に等しくさせる収益率である。
d トービンのqとは、企業の市場価値を資本の割引価値で除したものである。

 

〔解答群〕

ア aとc
イ aとd
ウ bとc
エ bとd

解説

投資の理論に関する問題です。

それでは早速各項目について見ていきましょう。

aは、ケインズの投資理論によれば、資金調達コストである利子率の低下は投資を増加させることになります。
よって、この選択肢は〇です。

bは、資本ストック調整原理によれば、望ましい資本ストックと現実の資本ストックとの間に乖離がある場合、段階的な投資により最適なストックに到達させますが、投資の調整速度が大きいほど投資は増加することとなります。
よって、この選択肢は×です。

cは、投資の限界効率とは、投資収益の現在価値の合計を投資費用に等しくさせる収益率となります。
よって、この選択肢は〇です。

dは、トービンのqとは、企業の市場価値を「現存の資本ストックを買い替える費用の総額」で除したものとなります。
よって、この選択肢は×です。

以上から正解は選択肢アとなります。

 

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2021年度版まとめシート好評発売中!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ