【過去問解説(経済学)】R1 第6問 貨幣供給と貨幣需要

今日は経済学のR1第6問について解説します。

 

R1 経済学 第6問

日本経済は、日本銀行による金融政策から影響を受けている。貨幣に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
a 中央銀行が買いオペを実施すると、マネタリー・ベースが増加する。
b マネー・ストックM1は、現金通貨、預金通貨、準通貨、譲渡性預金の合計である。
c マネー・ストックをマネタリー・ベースで除した値は「信用乗数」と呼ばれる。
d 準備預金が増えると、信用乗数は大きくなる。

〔解答群〕
ア aとc
イ aとd
ウ bとc
エ bとd

解説

貨幣に関する問題です。
貨幣は市場に出回っている現金と日銀や市中銀行の預金の合計のことで、マネー・サプライやマネー・ストックと呼ばれます。
そして、日銀が直接供給している貨幣のことをマネタリー・ベースといいます。

それを踏まえて、早速記述を見ていきましょう。

記述aについて、買いオペとは、日銀が市中銀行の持つ国債などを買い取ることで市場に出回る通貨の量を増やすことです。そのため、買いオペをすると日銀が直接供給している貨幣であるマネタリー・ベースは増加します。
よって記述aは○です。
これにより、解答は選択肢ア、イに絞られ、記述bは×だということがわかります。

次に、記述cについてはその通りで、信用乗数はマネー・ストック÷マネタリー・ベースで表されます。よって記述cは○です。

以上から、正解は選択肢アとなります。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

2020年度版まとめシート(前編、後編)
Amazon&書店にて好評発売中!

前編

後編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ