【過去問解説(財務・会計)】H25第20問(1)(2) 株価の指標

今回は、財務・会計から、平成25年の第20問の株価の指標の問題について解説します。

今回の問題はまとめシートでも解説している問題ですが、このブログでも改めて解説したいと思います。

 

H25 財務・会計 第20問

次のデータに基づき、以下の設問に答えよ。


(設問1)
自己資本配当率(DOE)として、最も適切なものはどれか。
ア  3.6 %
イ  7.2 %
ウ  21.6 %
エ  43.2 %
(設問 2)
PERとして、最も適切なものはどれか。
ア  2 倍
イ  3.3 倍
ウ  12 倍
エ  40 倍

 

それでは早速問題を解いていきましょう。

このような問題の場合、まずは与えられたデータを全て以下の記号を使った式で表します。
P:時価総額
B:純資産
E:当期純利益
D:配当総額

この場合、各指標は以下のように表せます。
P/B=1.2 E/B=0.1 B/総資産=0.6 D/E=0.36 D/P=0.03 
設問1ではDOEが問われていますので、DOEを式で表すとD/Bとなります。最初に書いた式を見るとD/PとP/BもしくはD/EとE/Bの値を掛け合わせるとPまたはEが消えるので、
D/P×P/B=0.03×1.2=0.036   

または D/E×E/B=0.36×0.1=0.036 
とすることができ、答えは3.6%でアとなります。

設問2も同様です。PERを式で表すとP/Eとなります。最初に書いた式でPとEがあるのは、P/BとE/BもしくはD/PとD/Eとなります。ということは、E/BもしくはD/Pの分子と分母をひっくり返す、つまり、E/BもしくはD/Pで割れば、BもしくはEを消せます。つまり、
P/B÷E/B=P/B×B/E=1.2×1/0.1=12  

またはP/D÷E/D=P/D×D/E=1/0.03×0.36=12 
とすることができ、答えは12倍でウとなります。

このように、一度全ての項目を文字式に直して見比べると試行錯誤せずスムーズに解くことができます。

 

以上から設問1の正解は選択肢ア、設問2の正解は選択肢ウとなります。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ