【過去問解説(財務・会計)】H25 第22問 証券のリスク

今回は、財務・会計から、平成25年の第22問について解説します。

 

H25 財務・会計 第22問

輸入業を営む A社は、3か月後にドル建てで商品の仕入代金を支払う予定である。A社が為替リスクをヘッジするときの取引として、最も適切なものはどれか。
ア ドル売りの為替予約を行う。
イ ドル買いの為替予約を行う。
ウ ドル建ての借入を行い、為替の直物レートで円を買う。
エ ドルの3か月物コール・オプションを売る。

解説

この問題では為替リスクのヘッジ方法について問われています。
A社は輸入業を営み、3か月後に商品代金を支払うためにドルが必要になります。
その際の為替リスクをヘッジしたいということです。

選択肢を見ると、為替予約やコールオプションという言葉があります。
為替予約は為替リスクのヘッジ方法として有効なもので、この場合、後でドルが必要となるので、ドル買いの為替予約が有効となります。

以上から、正解は選択肢イとなります。

ちなみに、コール・オプションをリスクヘッジに使う場合は、オプションの売りではなく買いになります。

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ