【過去問解説(財務・会計)】H29第16問 期待値

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

最近行われた法改正などについて朝の特別記事でご紹介させていただきました。

もしよければこちらの記事もご覧ください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

今回は財務・会計から期待値を求める問題についてです。

今回は期待値を求めるだけで終わっていますが、この後に分散や標準偏差が問われた場合についても計算できるようになっておきましょう。

H29 財務・会計 第16問

来年度の当社の売上高は、好況の場合20億円、通常の場合15億円、不況の場合7億円と予想されている。好況になる確率が20%、通常の場合が70%、不況となる確率は10%と予想されているとき、当社の来年度の売上高の期待値として、最も適切なものはどれか。
ア 13.8 億円
イ 14.0 億円
ウ 14.8 億円
エ 15.2 億円

単純に期待値を求める非常に簡単な問題です。

期待値は、各状況における収益とその発生確率の積を計算し、それらの値の合計を求める計算であるため、以下のように求めます。

 

20億円×20%+15億円×70%+7億円×10%=2億円+10.5億円+0.7億円=15.2億円

 

となり、正解はエとなります。

 

この問題のように非常に難易度が低い問題は絶対に取りたい問題です。

試験で解く際は、このような簡単な問題から順番に解いていくようにすると、心と時間に余裕を持って解けるかと思います。

 

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

中小企業診断士一次試験テキスト「一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一次試験 一発合格まとめシート」著者によるブログです。
「まとめシート」の知識を使った過去問解説や、「まとめシート」に関する情報を発信していきます。

◆ブログ村参加しています◆
気に入っていただけたら、クリックお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ